頼行政院長「台湾は独立主権国家」 中国大陸側は非難

【両岸】 2018/03/21 17:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 21日 中央社)頼清徳行政院長(首相)は20日、立法院(国会)の答弁で、台湾は独立した主権国家だと発言した。中国大陸の対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)はこれに対し、頼氏の発言は両岸(台湾と中国大陸)関係に対する挑発であり、悪い報いを受けるだろうと非難した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます