中国大陸での就職意欲「高まった」が3割 対台湾優遇策受け=人材バンク調査

【両岸】 2018/03/19 17:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 19日 中央社)大手人材バンク「1111人力銀行」が19日に公表した調査結果で、北京当局の対台湾優遇措置を受けて中国大陸で働く意欲が高まったと答えた求職者は31.3%に上った。同社の幹部は、中国大陸と台湾は商業取引が盛んであり、言語や文化も近いことから海外就職を目指す求職者にとって第一の選択肢になると指摘した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます