大リーグ、張育成3試合連続本塁打 台湾人初

【芸能スポーツ】 2021/08/28 12:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
インディアンスの張育成=資料写真

インディアンスの張育成=資料写真

(ロサンゼルス中央社)大リーグ、インディアンスの張育成内野手は27日、本拠地でのレッドソックス戦に「8番・一塁」で出場。七回に6号ソロを放ち、台湾人選手初の3試合連続本塁打とした。3打数1安打1打点。試合はインディアンスが3-4で逆転負けした。

張は、台湾原住民(先住民)族アミ族出身の26歳。2013年インディアンスと契約し、19年にメジャーデビューを果たした。今年はここまで自己最多となる64 試合に出場し、キャリアハイの打率.208、6本塁打、22打点をマークしている。

本塁打数はシーズン(6)と通算(7)のいずれも台湾人打者として最多を誇っている。

(林宏翰/編集:羅友辰)