東京五輪、光る台湾選手の活躍 メダル数は過去最多の10個に

【芸能スポーツ】 2021/08/02 16:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
左から、バドミントン女子の戴資穎、体操男子の李智凱、ゴルフ男子の潘政琮(潘の写真は教育部体育署提供)

左から、バドミントン女子の戴資穎、体操男子の李智凱、ゴルフ男子の潘政琮(潘の写真は教育部体育署提供)

(東京中央社)東京五輪第10日の1日、台湾は体操男子種目別あん馬の李智凱(25)とバドミントン女子シングルスの戴資穎(27)が銀メダル、ゴルフ男子の潘政琮(29)が銅メダルを獲得し、今大会で過去最多となる計10個のメダルを積み上げた。メダルの内訳は金2、銀4、銅4で、過去最多だった2004年アテネ大会の5 個(金2、銀2、銅1)を大きく上回っている。

李はダイナミックな開脚旋回を見せ、ミスなく着地。得点15.400をマークし、演技の完成度を示すEスコアでは決勝出場者8人で最高の8.700だった。だが、技の難易度を評価するDスコアで英のウィットロックに及ばず、銀メダルとなった。

世界ランキング1位に君臨し続けてきた戴は、決勝で中国の陳雨菲に1-2で惜敗。SNS(交流サイト)には「結果が残酷でも受け入れるしかない。力は尽くした」と記した。

潘は通算15アンダーの3位タイで、日本の松山英樹を含む7人によるプレーオフを勝ち抜き、銅メダルをつかみ取った。

体操、バドミントン女子シングルス、ゴルフにおいて台湾初のメダルだった。さらに、ボクシングでは女子フライ級の黄筱雯(23)が台湾選手として初めて準決勝進出を決めた。3位決定戦が実施されないため、失格しなければ銅メダル以上が確定したことになり、メダルはさらに増える見込み。

(謝静雯/編集:楊千慧)