台湾の湯、3位決定戦で古川に敗れる アーチェリー男子

【芸能スポーツ】 2021/07/31 16:15 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
アーチェリー男子個人3位決定戦に臨む湯智鈞

アーチェリー男子個人3位決定戦に臨む湯智鈞

(台北中央社)東京五輪は31日、アーチェリー男子個人の3位決定戦が行われ、台湾の湯智鈞(20)が日本の古川高晴に3-7で敗れ、銅メダルを逃した。

湯は、今大会で五輪初出場を果たし、魏均珩、鄧宇成と共に戦った男子団体では2004年アテネ大会以来の銀メダルに輝いた。男子個人では31日、イスラエルと韓国の選手を破り、準決勝まで進んだが、準決勝でイタリアの選手に敗れ、3位決定戦に回っていた。

(編集:羅友辰)