台湾・羅嘉翎が銅メダル テコンドー女子57キロ級 東京五輪

【芸能スポーツ】 2021/07/25 20:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾・羅嘉翎が銅メダル テコンドー女子57キロ級 東京五輪

台湾・羅嘉翎が銅メダル テコンドー女子57キロ級 東京五輪

(台北中央社)東京五輪のテコンドーは25日、幕張メッセで女子57キロ級の3位決定戦が行われ、台湾の羅嘉翎(19)がニジェールのテキアス・ベン エスーフに10-6で勝利し、銅メダルを手にした。台湾勢にとって今大会2枚目のメダルで、テコンドーでの五輪メダル獲得は2012年のロンドン大会以来となった。

「テコンドー一家」に生まれた羅。幼稚園から競技に接し始め、コーチを務める父の下、兄と共に練習を積んできた。身長は183センチ。長い脚を生かした攻撃を得意とし、台湾の選手として初めて世界青少年テコンドー選手権2連覇を果たした。五輪へは初出場。

(屈享平/編集:楊千慧)