台湾プロ野球、試合再開ならず=デルタ株の国内感染確認で

【芸能スポーツ】 2021/06/27 14:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾プロ野球、試合再開ならず=デルタ株の国内感染確認で(資料写真)

台湾プロ野球、試合再開ならず=デルタ株の国内感染確認で(資料写真)

(台北中央社)台湾プロ野球は全試合を引き続き延期する。29日の試合再開を目指していたが、感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株、デルタ株が台湾内の感染者から検出されたことを受け、引き続き延期されることになった。

中華職業棒球大聯盟(CPBL)は、選手たちにとって安全な環境を整えることが連盟としての責任だとし、中央感染症指揮センターの方針に従う姿勢を示した。今後も同センターと密接に連絡を取るとし、デルタ株の感染が制御され次第、試合を再開させるという。

(謝静雯/編集:楊千慧)