7度目登板の田沢純一が初失点初黒星/台湾プロ野球

【芸能スポーツ】 2021/04/01 15:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
2月28日のオープン戦に登板した田沢=味全ドラゴンズ提供

2月28日のオープン戦に登板した田沢=味全ドラゴンズ提供

(桃園中央社)台湾プロ野球(CPBL)で3月31日、味全ドラゴンズの田沢純一投手が北部・桃園市で行われた楽天モンキーズ戦でCPBL初黒星を喫した。

昨年末に味全と契約した田沢は、同30日までの6登板で6回2/3を投げ、3セーブ、防御率0.00をマークした。抜群の安定感を誇る守護神だったが、この日は1点リードの九回裏にマウンドに上がると、先頭打者の陽耀勲に安打を許すなど2/3で4安打を浴び、2点を失った。

試合は味全が2-3でサヨナラ負けした。

(楊啓芳/編集:羅友辰)