エバーのコンテナ船、スエズ運河で座礁 台湾交通部「高潮待って離礁試みる」

【社会】 2021/03/24 18:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
座礁したコンテナ船=スエズ運河庁のウェブサイトから

座礁したコンテナ船=スエズ運河庁のウェブサイトから

(台北中央社)台湾の海運会社、長栄海運(エバーグリーン・マリン)の大型コンテナ船「エバーギブン」がエジプトのスエズ運河で座礁し、貨物船の大渋滞を引き起こしている。交通部(交通省)は24日、高潮を待って離礁を試みるとの方針を示した。

長栄海運は座礁の原因について、突風で船体が航路から外れたとの見解を示している。高潮時でも離礁が困難な場合、同部は、一般的にはコンテナを降ろすことを検討するとし、専門家らに意見を求めていると説明した。

(蔡芃敏、汪淑芬/編集:楊千慧)