奈良美智さん訪台 隔離先のホテルに蔡総統から手紙「心から歓迎」

【芸能スポーツ】 2021/02/16 13:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
奈良美智さん=ウィキメディアコモンズより。作者Hsinhuei Chiou、CC BY-SA 4.0

奈良美智さん=ウィキメディアコモンズより。作者Hsinhuei Chiou、CC BY-SA 4.0

(台北中央社)台北市内での特別展を控えた画家の奈良美智さんが14日、台湾に到着した。入国者に隔離や自己管理を求める台湾の新型コロナウイルス対策を目の当たりにした奈良さんは、自らの体験をSNS(交流サイト)を通じて発信している。蔡英文(さいえいぶん)総統からは、心からの歓迎を伝える手紙が届けられたという。

台湾では、入国者に2週間の在宅検疫(外出禁止)と1週間の自主健康管理(公共の場への出入り自粛)を求めている。この措置を称賛する奈良さんは出発前の13日、この規定を「甘んじることなく、謹んで隔離を受け入れます」とツイッターにつづっていた。

到着後は、「入国審査はめっちゃ厳しい!でも係りの方々はめっちゃ優しい!」「空港から消毒液にまみれながら、専用のタクシーに乗って、ホテルへ」などのコメントを連発。蔡総統からの手紙や友人らから差し入れられた食品や書籍などの写真も投稿し、台湾での「隔離生活」の様子を前向きに紹介している。

奈良さんの展覧会は、東日本大震災発生から今年で10年になるのに合わせて日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会が実施する関連イベントの一環。昨年4月、台湾が日本に医療用マスクを寄贈したことに感謝した奈良さんのツイートをきっかけに蔡総統との交流が生まれ、開催につながった。蔡総統は奈良さんへの手紙で、「日台の友好関係を深められる」と謝意を示している。

国立台北芸術大学関渡美術館で3月12日から6月20 日まで開催。

(編集:塚越西穂)