台北市年越しイベ、人数を制限へ 入場時に検温、身分確認/台湾

【社会】 2020/12/29 19:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北市政府前広場で行われた年越しイベントの様子=2017年1月1日撮影

台北市政府前広場で行われた年越しイベントの様子=2017年1月1日撮影

(台北中央社)台北市は31日夜に実施する年越しイベントに人数制限をかける方針だ。黄珊珊副市長が29日明らかにした。現時点で上限は8万人としているが、当日の状況を見て決めるといい、4万人で入場を締め切る可能性もあると述べた。

台湾では今月22日、約8カ月ぶりに新型コロナウイルスの国内感染が確認され、大型イベントを開催する地方自治体などには感染対策の強化が求められている。

台北市は市政府前の広場を「管制エリア」に指定。出入り口を24カ所設け、検温、消毒を実施するほか、実名を登録したスマートフォンのアプリや身分証明書などで身分を確認。エリア内では、常時マスク着用を義務付け、水分補給以外の飲食を禁じる。

黄副市長は、過去の経験から会場の最大収容人数はおよそ11万人であることから、今回は8万人に設定したと説明。あくまで現時点での決定だとし、感染状況に変化があれば、随時変更するとした。

当日の開場は午後3時。黄副市長は開場前に来て並ばないよう人々に呼び掛けている。

(陳昱婷/編集:楊千慧)