「文物」を擬人化 故宮製作のドラマ 出演のビビアン・スーらがPR/台湾

【芸能スポーツ】 2020/12/15 19:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)国立故宮博物院収蔵の文物を擬人化したミニドラマ「故事宮寓」が20日、テレビやインターネットで公開される。ビビアン・スー(徐若瑄)をはじめ、実力派の俳優10人が文物に扮し、奇想天外な物語を繰り広げる。故宮は、ドラマを通じて文物を生活化、大衆化することで、人々に身近に感じてもらえればとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます