台湾、新規感染1人 仕事で訪台のインドネシア人、無症状

【社会】 2020/10/28 18:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、新規感染1人 仕事で訪台のインドネシア人、無症状

(台北中央社)中央感染症指揮センターは28日、新型コロナウイルスの新たな感染者が見つかったと発表した。仕事のため訪台した10代のインドネシア人女性で、無症状だという。

女性は7日に訪台。入国時、搭乗前3日以内の陰性証明を提出していた。入国後は、人材コーディネーターが手配した施設で14日間の在宅検疫(外出禁止)措置を受け、検疫期間を終えた22日以降は自主健康管理(外出時のマスク着用、公共の場への出入り自粛など)を続けていた。26日に自費で検査を受けたところ、28日に陽性と診断された。

同センターは女性について、海外で感染した輸入症例との見方を示している。

女性と一緒に入国したインドネシア人が他に10人いたが、いずれも陰性だった。同センターはこれら10人に接触者として在宅隔離を要請。人材コーディネーターや通訳、女性が滞在していた施設のスタッフらは接触時、適切な防護をしていたことから自主健康管理としている。

女性は台湾で見つかった551人目の感染者。ただこの日の会見で、530人目の感染者とされていた中国からの帰国者について、536人目の感染者であるフランスからの帰国者の検体と取り違えていたことが発表された。中国からの帰国者の陽性判定は取り消され、28日時点で台湾で確認された感染者は累計550人とされた。

(編集:楊千慧)