西武の台湾デー 「媽祖」小林幸子が始球式 呉念庭とオリ張奕の同郷対決も

【芸能スポーツ】 2020/10/18 18:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(埼玉中央社)西武ライオンズは17日、恒例の「台湾デー」を本拠地メットライフドームで開催した。台湾観光親善大使を2011年から務める演歌歌手の小林幸子が始球式に登場。台湾出身の呉念庭内野手が出場し、対戦相手のオリックスからは張奕投手が先発登板、「同郷対決」となった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます