チェン・ウェイン、9年ぶり日本復帰で好投 蔡総統の応援に感謝/台湾

【芸能スポーツ】 2020/10/15 12:37 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
チェン・ウェイン投手=共同通信提供

チェン・ウェイン投手=共同通信提供

(台北中央社)ロッテに新加入したチェン・ウェイン投手が14日夜、本拠地、ZOZOマリンで行われた楽天戦で初先発した。6回を投げ7安打2失点、4奪三振と好投したが、チームは1-4で敗れ、敗戦投手となった。

日本での登板は中日時代以来9年ぶり。試合後にフェイスブックページを更新し、「本当にちょっと緊張したけど、でも楽しみだった」と心情を吐露した。「台湾からの熱い応援も海を越えて届いた」とし、SNS(交流サイト)を通じてエールを送った蔡英文(さいえいぶん)総統と頼清徳(らいせいとく)副総統に感謝を伝えた。

文末には「チームに勝利をもたらせなかったのは残念」としつつ、ロッテや自身を引き続き応援してほしいとつづった。投稿には15日正午時点で2万6千件の「いいね」が寄せられている。

(楊啓芳/編集:楊千慧)