世界首長誓約、台湾6都市を「中国」と表記 台北は「脱退辞さない」

【社会】 2020/09/27 15:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(高雄中央社)地球温暖化対策に取り組む自治体による「世界首長誓約」の公式サイトで、台湾の都市について「中国」と表記されていたことが26日、分かった。台湾の参加都市は相次いで抗議しており、台北市は過去にも同様の問題があったと言及した上で、脱退も辞さない考えを示した。外交部(外務省)も27日、抗議の意を表明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます