台湾、水中文化遺産の保護に注力 日本時代の客船座礁事故現場も対象

【社会】 2020/08/27 15:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米豪華客船「プレジデント・フーバー号」の座礁海域を訪れる市民ら=文化部文化資産局提供

米豪華客船「プレジデント・フーバー号」の座礁海域を訪れる市民ら=文化部文化資産局提供

(台東中央社)文化部(文化省)文化資産局が、台湾の水中文化遺産の保護、普及啓発に取り組んでいる。東部の離島・緑島では、ダイビングライセンス保有者を対象としたワークショップが開催され、26日には25人の参加者が、日本統治時代の1937(昭和12)年に米国の豪華客船「プレジデント・フーバー号」が座礁した海域を訪れ、当時の歴史に対する理解を深めた。

同島の郷土資料などによると、同船は1930年代に建造されたもので、37年12月、神戸からフィリピン・マニラに向かう途中、緑島の沖で座礁した。乗組員や乗客780人は島民に救出されて全員事なきを得た。米赤十字社は後日、感謝のしるしとして灯台を同島に寄贈しており、今では「緑島灯台」として同島のランドマークとなっている。

同局は、同船は多くの著名人も乗船しており、米国~アジア間の航路、近代船舶技術などに関する歴史を研究する価値があるとの見地から、座礁現場周辺の水域を水中文化遺産の保護区域とし、今年7月、水中文化遺産として国内初となる案内板を設置している。

ワークショップは24~27日の日程で実施され、現地踏査のほか、水中文化遺産の発見・保存などに関する講座も開かれた。企画・実行を請け負った淡江大学(新北市)海洋・水下科学技術研究センターの劉金源主任は、このような取り組みは、台湾で芽生えたばかりの海洋考古学や水中文化遺産保護にとって非常に大切だと述べ、今後は海底観光とも結び付け、より多くの人に台湾の水中文化資産を知ってもらいたいと期待を示した。

(盧太城/編集:塚越西穂)