台湾伝統人形劇の人間国宝、文化界の最高栄誉賞を受賞 「観客に感謝」

【社会】 2020/08/21 19:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
陳錫煌さん

陳錫煌さん

(台北中央社)伝統人形劇ポテヒ(布袋戯)の人形遣い、陳錫煌さん(89)が、台湾の文化界で最高栄誉とされる行政院文化賞を受賞した。台北市内で20日、授賞式が行われ、あいさつに臨んだ陳さんは「見る人がいなければ伝統は消えてしまう」と強調し、ポテヒを見に来てくれる人々に感謝した。

日本統治時代の1931(昭和6)年、ポテヒの巨匠、李天禄さんの長男として生まれた陳さん。独自の人形操作技術を磨き上げたほか、人形や道具の制作にもたけ、伝統芸能と伝統工芸の両分野で人間国宝の称号を獲得している。ポテヒ文化が下火になることを危惧して2008年に後進の育成を目的とした劇団を立ち上げ、今も現役で活躍している。

陳さんによれば、ポテヒのセリフは文語が多く、「今どきの子どもは聞いても分からない」。それでも愛好者は一定数おり、とくに海外公演では低年齢層に人気が高いという。陳さんは、ポテヒを学ぶ意欲があれば国籍を問わず喜んで伝授すると話し、文化伝承に取り組み続ける意欲をアピールした。

台湾では2018年、日本では昨年、陳さんに10年間密着したドキュメンタリー映画「台湾、街かどの人形劇」(中国語原題:紅盒子)が公開された。同作を手掛けたヤン・リージョウ(楊力州)監督は、陳さんが舞台や日常で使う台湾語が、自分を含めた多くの人にとっては理解しにくいと明かし、このことによって文化と言語の結び付きに気付かされたと語っている。

行政院文化賞は今年で39回目。これまでに83人の文化人が受賞しており、今回は陳さんと打楽器奏者、朱宗慶さんの2人が選出された。

(鄭景雯/編集:塚越西穂)