Vリーグで奮闘の台湾人選手3人「孤独じゃなくなった」

【芸能スポーツ】 2020/06/24 13:38 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)日本のVリーグで奮闘する台湾人バレーボール選手、陳建禎(JT広島)、劉鴻敏(パナソニック)と双子の弟・鴻杰(WD名古屋)が23日、台北市内でスポーツブランドのイベントに出席し、日本での生活について語った。3人は試合でしばしば対戦するだけでなく、一緒に食事をすることも。劉兄弟に先駆け日本に渡った陳は異郷での孤独を感じなくなったと話した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます