高雄映画祭、山戸結希監督が登壇 台湾の女性権利重視、日本も学ぶべき

【芸能スポーツ】 2019/10/27 15:31 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)南部・高雄市の高雄映画祭(高雄電影節)に、山戸結希監督が登壇した。日本では女性の映画監督が圧倒的に少ないと言及。台湾では女性の権利が比較的重視されていることに肯定的な見方を示し、日本も台湾に学ぶべきだと語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます