競泳の王星皓、200m個人メで東京五輪参加標準を突破 台湾初

【芸能スポーツ】 2019/08/12 17:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 12日 中央社)競泳男子の王星皓は11日、香港で開催された大会の200メートル個人メドレーで1分59秒44で優勝した。自身の台湾記録を更新したほか、台湾で初めて国際水泳連盟(FINA)が定める東京五輪の参加標準記録1分59秒67を突破した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます