台湾映画の主演俳優、先住民スタイルの衣装で観客魅了=東京国際映画祭

【芸能スポーツ】 2017/10/26 18:36 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 26日 中央社)第30回東京国際映画祭が25日、東京都内で開幕し、同映画祭に作品を出品するギデンズ・コー(九把刀)監督やホアン・シンヤオ(黄信堯)監督など台湾の監督や俳優がレッドカーペットを歩いた。台湾勢の中で特に大きな注目を集めたのは「アリフ、ザ・プリン(セ)ス」(阿莉芙)に主演したウジョンオン・ジャイファリドゥ。先住民スタイルのきらびやかな衣装で登場し、観客の視線を釘付けにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます