台湾「唐奨」受賞のサックス氏 「法治と共存の道を歩んできた南アフリカ」

【社会】 2014/06/21 13:17 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(ケープタウン 21日 中央社)アパルトヘイト撤廃直後の南アフリカで憲法裁判所の初代首席判事を務め、新憲法の制定や人種差別のない法環境の整備に力を尽くしたとして2014年台湾「唐奨」の法治賞を受賞したアルビー・サックス氏が中央社のインタビューを受け、人権のために闘ってきた日々を振り返った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます