台湾プロ野球、最初で最後の高校生ドラフト会議

【芸能スポーツ】 2013/06/25 18:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 25日 中央社)台湾プロ野球は24日、台北市内のホテルで高校生のみが対象のドラフト会議を行った。プロ志望届を提出した24人のうち、日本の高知中央高校で1年間野球留学した高苑工商(高雄市)の梁家栄内野手など13人が指名を受け、早ければ後期シーズンが始まる来月にも試合に出る見通し。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます