Moxa、世界最も薄いスマートスイッチを発表

2017/05/05 12:14

Moxa提供

Moxa提供

(米ブレア 5日 中央社) Moxaは、産業用イーサネットスイッチファミリの新製品、SDS-3008スマートスイッチを発表した。2センチと世界で最も薄いスイッチだ。コンパクトなサイズと柔軟な取り付け設計により、設置の柔軟性を最大限に高める。さらに、直感的な1ページのダッシュボードを提供しており、ユーザーはワンクリックで事前設定されたIAプロトコルをアクティブにし、HMI/SCADAの統合を簡素化することができる。

Moxaの産業用イーサネットインフラストラクチャ部門のプロダクトマネージャ、ジャック・リンは、「ネットワークのアップグレードが必要な場合、管理対象スイッチを導入するエンジニアにとって最も懸念されるのは、システムライフサイクル全体の複雑さだ」と指摘。「このため、当社はこのスマートスイッチを開発した。このスマートスイッチは製造業、特にIIoTやインダストリー4.0を志向する機械製造業者にとって理想的なソリューションだと信じている」などとアピールした。

Moxa について

Moxa は産業用 IoT を可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワーク・インフラ・ソリューションの大手プロバイダ。業界における 25 年以上の経験から、全世界中 4000 万以上ものデバイスを接続し、70 カ国・地域以上のお客様へのサービスネットワークを持つ。