ホーム > ニュース検索
釣魚台領有権 立法院長「争議の棚上げ、共同開発」を改めて主張/台湾
【政治】  2020-06-11  17:26
(台北中央社)釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)の領有権問題をめぐり、游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)は11日、政府の立場である「争議の棚上げ、共同開発」の原則を改めて主張した。立法院で報道陣の取材に対して述べた。

沖縄県石垣市が同列島の字名に「尖閣」を付け加える議案を市議会に提出したのを受け、同列島の領有権を主張する台湾では反発が起きている。

游院長は、台湾と日本は地理的に近く、共に中国共産党の大きな脅威に面していると言及。東アジアの平和の重要性と台日の友好な関係に触れた上で、みなで連携すべきだと述べた。

(范正祥/編集:名切千絵)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る