ホーム > ニュース検索
小池都知事、タピオカティーに舌鼓 上野の台湾カルチャーフェス
【社会】  2019-09-28  16:55
(東京 28日 中央社)最新の台湾カルチャーを発信するイベント「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」が28日、東京・上野公園で始まった。会場を訪れた小池百合子都知事は、同イベントは日台文化交流の基礎を固めるものになると述べ、今後さらに多くの分野での交流が進み、相互理解が深まることに期待を示した。

小池氏は、台湾の人間国宝、陳錫煌氏が上演する伝統人形劇ポテヒ(布袋戯)を鑑賞したほか、50の台湾ブランドが出展するマーケットを見物。日本で高い人気を誇るタピオカミルクティーも味わった。

開幕式には謝長廷駐日代表(大使に相当)も出席した。謝氏は、タピオカミルクティーは台湾の伝統的な飲み物ではないが、伝統から進化したものだと述べ、これと同じように伝統に何かをプラスし続けることで生まれる台湾文化を紹介する同イベントを通じ、より多くの日本人に台湾への理解を深めてもらいたいと願った。

Taiwan Plusは来年の東京五輪を視野に、昨年から3年計画で実施されているイベント。音楽やクリエーティブ商品、グルメなどを通して“今どき”の台湾カルチャーを伝える。29日まで。

(鄭景ブン/編集:塚越西穂)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る