ホーム > ニュース検索
約80ヘクタールの花畑が旧正月をお迎え/台湾・高雄
【観光】  2015-01-21  15:47
(高雄 21日 中央社)高雄市政府工務局養護工程処は、2015年の春節(2月19日)を前に、市内各地の計80ヘクタールあまりの土地に色とりどりの花を植え、にぎやかな雰囲気を作り出している。

高雄市は近年、「城市花田」と呼ばれる緑化計画を進めており、春節の連休時に花見ができる場所を増やそうと、毎年末、休耕期の農地をコスモスやヒャクニチソウ、ヒマワリなどの花で彩っている。これに加え、同処の許瑞娟副処長は、今年は大型公園や主要道路、観光地などの一角にも花壇を作ったと語った。

今後、高雄メトロ(高雄捷運)の駅出口にセンジュギクやセージ、サルビアなどでイラストを浮かび上がらせる花壇を作る計画もあるという。

(王淑芬/編集:名切千絵)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る