ホーム > ニュース検索
台湾鉄道南回線、電化工事が起工 交通相がプユマ号の増備を示唆
【観光】  2014-11-16  18:31
(台東 16日 中央社)台湾島を一周する環状鉄道のうち、唯一の非電化区間だった台湾鉄路南回線などの電化工事が16日起工した。完成後は台東―高雄間が90分で結ばれることになる。

交通部の鉄路改建工程局によると、電化されるのは屏東県潮州―台東間123.4キロで、総経費は279億台湾元。2020年12月の開通を目指すという。この日行われた式典に参加した黄健庭台東県長は「台東の人々の幸せをつなぐものだ」と喜びを語った。

毛治国行政副院長は、電化後の台東―高雄間で日本製の車体傾斜式特急電車、プユマ号を投入する計画を明らかにし、開通に向けて車両を増備する可能性を示唆した。

今年6月には花蓮―台東間を結ぶ台東線の電化及び一部複線化工事が終了し、台北―台東間が最速3時間30分で結ばれている。

(盧太城/編集:齊藤啓介)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る