ホーム > ニュース検索
台湾学生運動リーダー、香港の大規模デモにエール
【政治】  2014-07-02  13:40
(香港 2日 中央社)香港の民主派団体は1日、普通選挙などを求める大規模なデモを行った。デモには台湾、マカオ、中国大陸からの支持者も参加し、中環(セントラル)の集会では、台湾の“太陽花(ひまわり)学生運動”のリーダー、林飛帆氏と陳為廷氏のビデオメッセージが流された。

メッセージの中で林氏は、北京当局が発表した「一国二制度」に関する白書は、香港の高度な自治の「脅威」になると批判。また、香港の状況は台湾にとっての指標として注視し、継続して香港の普通選挙の実現に向けた支援を行っていくと決意を表明した。

陳氏は先月29日、今回のデモなどに参加するために香港に向かったが、入境を拒否されていた。香港当局はこの処置に関する理由を明らかにしていない。

デモの参加者は主催者発表で51万人、警察発表では9万8600人。

【ひまわり学生運動】今年3月、中国大陸との「サービス貿易取り決め」をめぐり、撤回を求める学生グループなどが立法院(国会)議場を占拠したことに端を発した一連の学生運動。

(張謙/編集:杉野浩司)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る