ホーム > ニュース検索
台湾鉄道のローカル線で列車が脱線 負傷者なし
【観光】  2014-02-01  14:30
(台北 1日 中央社)台湾鉄道によると1日午前6時10分頃、中部・南投県を走る集集線の集集-水里間の集集2号トンネル内で旅客列車が脱線した。乗客・乗員約20人にけがはなかった。

事故を起こしたのは車テイ発台中行きの区間車で、4両編成のうち3両目の進行方向側の車輪が脱線したという。これにより集集-車テイ(=土へんに呈)間で一時運転を見合わせたほか、バスによる代行輸送を行った。

同線は午後12時10分から全線で運転を再開したが、台鉄の発表では12時30分までに列車9本と乗客約570人に影響が出たという。

台鉄では現在事故の原因を調べている。

(林恒立、陳至中/編集:齊藤啓介)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る