ホーム > ニュース検索
靖国神社参拝問題 馬総統「傷口に塩をぬる」行為=台湾
【政治】  2014-01-20  12:19
(台北 20日 中央社)馬英九総統は19日、自身の「フェイスブック」を更新し、昨年12月に安倍晋三首相をはじめとする内閣のメンバーらが靖国神社を訪問したことに関して、元従軍慰安婦とされる女性たちに「傷口に塩をぬる」行為だと日本政府の姿勢を批判した。

馬総統は18日に南部・屏東県に住む元従軍慰安婦とされる女性を訪ねており、靖国神社参拝について、「隣国の慰安婦が受けた迫害などの悲惨な歴史を少しも省みていない」、「日本政府の行為は大変遺憾だ」などと日本を非難した。

安倍首相らの靖国神社参拝をめぐって馬総統は今月11日にも、「理解に苦しむ」、「失望だけにとどまらない」と発言している。

(李淑華/編集:齊藤啓介)
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る