ホーム > ニュース検索
AV女優・葵つかさ、台湾ドラマで「脱がないって難しい」
【芸能スポーツ、社会】  2013-03-18  15:17
(台北 18日 中央社)台湾で今月から始まった恋愛ドラマ「求愛365(True love 365)」の4月放送分に、日本のAV女優、葵つかさが登場する。AV女優の台湾ドラマ出演は初めてで、先週来台し撮影を終えた葵つかさは、群がる報道陣に「服を着たまま演技する方が難しかった」と笑顔でおどけて見せた。

「求愛365」は、葬儀会社を営む3兄弟の恋愛模様を描くラブ・コメディー。葵つかさは、カメラマンである3兄弟の叔父と仕事を通じて親密な関係になる日本のAV女優という設定で、本人役でゲスト出演。お相手役で同作のプロデューサーでもある金沛晟による直々の指名で、ヌードシーンなし、セリフは全て中国語という初めての体験にいくぶん緊張した様子で、睡眠時間3時間で2日間の撮影を乗り切った。

葵つかさの作品はもちろん“鑑賞済み”という金沛晟は、共演者やスタッフから大いにひやかされながらも、「ゲスト候補は10人ほどいたが、グラビア出身で“清純派AV女優”として人気の葵つかさ以外に考えられなかった」と指名の理由を自信たっぷりに説明。

以前にも写真集のプロモーションで来台したことのある葵さんは、撮影の合間にショーロンポー(小籠包)を食すなど短い滞在をすっかり楽しんだようで、「いつか蒼井そらさんみたいな国際派AV女優になりたい!」と約束し帰国の途に着いた。

「求愛365」の放送は、地上波の中国テレビで金曜夜10時、ケーブルのTVBS娯楽チャンネルで土曜夜9時から。
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る