ホーム > ニュース検索
車同乗希望者、地下鉄利用者増加 ガソリン値上げで
【政治】  2012-04-03  18:03
(台北 3日 中央社)ガソリン価格の値上げで、1台の車に複数の人が乗るカープールの希望者と、高雄市民の足となる「高雄捷運(高雄メトロ、KRT)」の利用者が増えている。

3日付の台湾紙「聨合報」によると、レギュラーガソリンの価格が2日から約10%値上げされたことを受け、インターネットで車の同乗希望者を応募する動きが活発になっている。

関連ウェブサイト「緑色共乗網」を運営する新北市政府低炭素センターの陳彦伶係長の話では、同サイトに「相乗り仲間を募集中」と書き込みした会員がこの4日間で13人に達しているほか、「会員になるには、どうすればいいか」という電話での問い合わせも少なくなかったという。

2008年に開業した高雄捷運(高捷)の乗客も増加している。高捷側の統計によると、ガソリンが値上がりした初日(2日)の利用者の延べ人数は13万1000人の大台を突破、平日の数として過去最多となった。

台湾では、レギュラーガソリンの価格が2日から、約10%高の1リットル当たり100円に値上げされ、4年ぶりの高値となっている。
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る