ホーム > ニュース検索
台北メトロ 利用者が50億人超える
【観光】  2012-02-18  15:06
(台北 18日 中央社)台北、新北市民の通勤・通学の足となる台北捷運(台北メトロ、台北MRT)利用者の延べ人数が17日午後6時すぎ、50億人を超えた。1996年に最初の路線「木柵線(現・文湖線)」が開通して以来16年目での大台突破となった。

台北捷運は首都圏の渋滞緩和のため、1988年に建設が始まり、現在は文湖(文山内湖)、淡水、中和、小南門、新店、南港、板橋、土城、蘆洲、新荘の10路線(計110キロ)を運営している。利用者は一日平均で約166万人と東京メトロ(全線195.1キロ、一日平均633万人)の3割弱に当たる。
※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
戻る