台南・安平と離島・澎湖を結ぶフェリー、来年旧正月に運航へ/台湾

【観光】 2020/11/20 17:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
高速フェリー「ナッチャンRERA」(麗娜輪)=ライオントラベル提供

高速フェリー「ナッチャンRERA」(麗娜輪)=ライオントラベル提供

(台北中央社)船の旅の発展を目指す交通部(交通省)の藍色公路計画に呼応し、旅行大手、ライオントラベル(雄獅旅遊)は高速フェリー「ナッチャンRERA」(麗娜輪)と手を組み、南部・台南市安平と離島・澎湖を結ぶ路線を来年2月中旬の旧正月期間に運航する。来年3月からは定期便の運航も開始し、中部や南部と離島間の観光、交通交流を推し進める。

同路線のプレ運航が20日午前、開始され、ナッチャンRERAは2泊3日のツアーに参加する500人余りを乗せて澎湖に向けて安平港を出発した。午後には澎湖の観光客を台南に運ぶ。

旧正月期間の運航便は来月1日に販売開始予定。

(汪淑芬/編集:名切千絵)