台湾南東部沿岸で地震 午前に7回 うちM5級が2回

【観光】 2020/09/29 12:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾南東部沿岸で地震 午前に7回=画像は中央気象局のウェブサイトから

台湾南東部沿岸で地震 午前に7回=画像は中央気象局のウェブサイトから

(台北中央社)29日午前3時5分から午前9時14分にかけて、南東部沿岸で地震が7回あった。午前5時前に起きた地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.3で最も大きく、2番目に大きかったのは午前9時過ぎに起きた5.0だった。台東県と屏東県では最大震度(台湾基準)が4に達した。一連の地震による大きな被害は正午までで確認されていない。

中央気象局地震予報センターの陳国昌主任によれば、今後1週間以内にM4.0以上の地震が起きるとみられる。台東では2~3年、あるいは5~6年間隔で似たような地震が発生しているが、M5.0に達するのは珍しいという。

(張雄風/編集:楊千慧)