台北や新北、南投で気温38度以上に達する恐れ 台湾の広い範囲に高温情報

【観光】 2020/07/13 12:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北や新北、南投で気温38度以上に達する恐れ 台湾の広い範囲に高温情報

台北や新北、南投で気温38度以上に達する恐れ 台湾の広い範囲に高温情報

(台北中央社)中央気象局は13日朝、気温が正午前後に38度以上に達する可能性があるとして、台北市、新北市、南投県に高温情報のオレンジ色信号を出した。台湾本島の広範囲に高温情報が出されており、気象局は屋外での不必要な活動を避け、日焼け防止や水分補給を心掛けるよう呼び掛けている。

東部・花蓮県や台東県、南部・嘉義市、高雄市、屏東県、北部・新竹県、中部・台中市、彰化県、雲林県、北東部・宜蘭県には3日以上連続で36度以上になる可能性があるとしてオレンジ色信号が、北部・桃園市、南部・嘉義県、台南市に対しては黄色信号(36度以上に達する可能性)がそれぞれ出された。

気象局によれば13日の台湾各地はおおむね晴れの予想。だが、低気圧の接近に伴い、南部・恆春半島や台東では局地的に一時雨となる可能性がある。また、午後は中部や南部、その他地域の山地で所によっては比較的強い雨が降る可能性があるという。

(編集:名切千絵)