エバー航空、航空会社ランキングで4位に 前回より1つ上昇/台湾

【観光】 2020/07/12 15:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
エバー航空、航空会社ランキングで4位に 前回より1つ上昇

エバー航空、航空会社ランキングで4位に 前回より1つ上昇

(台北中央社)台湾のエバー(長栄)航空が、米旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」が8日に発表した国際線航空会社ランキングで4位にランクインした。昨年より1つ順位を上げた。

同ランキングは、同誌が25年連続で実施している、読者投票に基づいた「ワールド・ベスト・アワード」の一項目。調査は2019年11月4日から2020年3月2日まで、特設ウエブサイトを通して実施された。1位はシンガポール航空。以下、カタール航空、エミレーツ航空が続いた。日本の全日本空輸(全日空)は5位、日本航空は7位だった。

エバー航空の評価が高かったのは、機内サービスや機内食、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスなど。ある読者は、180度水平になるフルフラットシートや心地よい羽毛ぶとん、機内食の素晴らしさなどを挙げ、同社のビジネスクラスでシカゴから台北まで移動するのは「最高のフライト体験」だと称賛したという。

同社の孫嘉明総経理(社長)は、新型コロナウイルスの影響で世界の航空業界が前代未聞のダメージに見舞われる中、同社は主要路線の運航を維持していると強調。感染防止対策のために機内サービスを簡素化する一方で、細部に気を配って旅客の期待に応え、安心できる環境作りを心掛けているとアピールした。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)