台湾東海岸を舞台に芸術フェス 屋外アートやコンサートも 8月開幕

【観光】 2020/07/09 19:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
海辺の大型オブジェ=東海岸大地芸術節のフェイスブックから

海辺の大型オブジェ=東海岸大地芸術節のフェイスブックから

(台北中央社)東海岸(花蓮県、台東県)を舞台にした芸術の祭典「東海岸大地芸術節」が来月4日に開幕する。屋外での大型オブジェの展示やアーティストのアトリエの一般開放などを通じ、自然や芸術との対話を楽しんでもらうイベントで10月30日まで続く。

1年に1回開催され、今年で6回目。台湾島や山脈を造り出したプレート運動にスポットを当て、現在も活動を続ける大地の生命力や自然のパワーを芸術で表現する。海外からアーティストを招き、同地に滞在して創作してもらうプロジェクトや、自然の中で音楽を楽しむ野外コンサートも催される。

林佳龍交通部長(交通相)は、新型コロナウイルスの感染拡大で人々は癒やしを求めているとの考えを示し、同フェスは最善の選択肢だとアピールしている。

(余暁涵/編集:楊千慧)