桃園市の鉄道地下化計画、国家発展委が承認 2030年開通へ

【観光】 2020/06/30 16:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
地下化される区間を示す地図=桃園市捷運工程局提供

地下化される区間を示す地図=桃園市捷運工程局提供

(台北中央社)国土政策の策定・審議などを担う国家発展委員会は29日、桃園市の鉄道地下化計画を承認した。早ければ2030年に開通する見通し。

全線17.95キロで、既存の桃園、内壢、中壢の3駅を地下化するほか、5駅を新設する。総工費は1047億台湾元(約3800億円)。政府が75%、市が25%拠出する。

鄭文燦(ていぶんさん)市長は、台北、新北、桃園間を1時間でつなぐ生活圏の確立は蔡英文(さいえいぶん)総統と自身が公約に掲げる目標だとし、地下化により3市間の行き来がより便利になることに期待を寄せた。

(潘姿羽、呉睿騏/編集:楊千慧)