台北含む10県市、気温36度超え予想 気象局が注意喚起/台湾

【観光】 2020/06/28 12:20 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
水遊びをして涼をとる子どもら

水遊びをして涼をとる子どもら

(台北中央社)中央気象局によれば、28日は各地で晴れ、気温も上昇する。気象局は台北を含めた10県市で最高気温が36度を超える可能性があるとして、高温情報を出し、日焼け対策や水分補給などを呼び掛けている。

高温情報の対象となっているのは、北部・台北市、新北市、北東部・宜蘭県、中部・彰化県、南投県、雲林県、南部・台南市、高雄市、屏東県、東部・花蓮県。気温上昇は太平洋高気圧や南西の風が山越えとなる影響だという。これ以外の地域でも最高気温は33度以上に達する見込み。午後は西部や北東部などで局地的な雷雨が発生する可能性がある。

29日から7月2日にかけては、太平洋高気圧がやや弱まり、中部や南部では所によって一時雨や雷雨となる。それ以外の地域ではおおむね晴れる。3日以降は太平洋高気圧が再び強まり、各地で晴れとなる見通し。

(編集:楊千慧)