台湾、7月から国内旅行喚起策始動 約865億円の経済効果見込む

【観光】 2020/06/08 19:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
レジャー施設を訪れる人々。中央社資料写真

レジャー施設を訪れる人々。中央社資料写真

(台北中央社)交通部(交通省)観光局は8日、台北市内で記者会見を開き、国内旅行の需要喚起策を発表した。旅行費補助や優遇措置などに39億台湾元(約144億円)を充てる。約638万人分の旅行需要を喚起し、約235億元(約866億円)の経済効果が生まれると見込まれている。実施期間は7月1日から10月31日まで。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた観光業の回復を狙う。

団体ツアーや個人での宿泊を対象に代金の一部を補助するほか、レジャー施設の入園や個人旅行者向けツアーバス「台湾観光バス」の利用を対象に優待サービスを打ち出す。各県市に対しては地域の特色を生かした観光イベントの実施のために補助金を最大1000万元(約3680万円)交付する。

団体ツアーの代金補助は旅行業者が対象。1泊2日以上のツアーの参加者1人につき1日当たり700~1200元(約2580~4420円)を政府が負担する。個人宿泊客に対する補助は国民が対象で、優遇キャンペーンに参加している旅館や民宿に宿泊する場合、1泊につき1部屋1000元(約3680円)の割引を受けられる。レジャー施設では7月1日から8月末まで、2001年7月1日以降に生まれた国民が入場無料となる。台湾観光バスでは半日ツアーまたは一日ツアーに2人で参加すればそのうち1人が無料になる優待サービスが実施される。

(余暁涵/編集:名切千絵)