26~28日、前線の影響で大気不安定に 27日に雨ピーク/台湾

【観光】 2020/05/26 12:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
傘を差す北部・新北市の人々

傘を差す北部・新北市の人々

(台北中央社)中央気象局によれば、26~28日、前線の影響で大気の状態が不安定になり、激しい雨に注意が必要になる。特に26日深夜から雨が強まり、27日にピークを迎える見通し。

26日は前線が接近。中部や南部では局地的に雷を伴うにわか雨があるが、雨が降っていないときには雲の隙間から日が差す。予想最高気温は30~33度。午後は各地とも、雷を伴うにわか雨が降る恐れがある。

雨のピークを迎える27日、西部や北東部では一時雨や雷雨となり、所によっては大雨に見舞われる。東部の花蓮や台東でも局地的に一時雨や雷雨がある。28日には前線が南下し、雨脚が弱まるとみられるが、午後は雷を伴うにわか雨に要注意。

(汪淑芬、余暁涵/編集:楊千慧)