車両の混雑度をアプリや液晶画面で 台北MRT板南線で試験運用/台湾

【観光】 2020/05/07 16:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北メトロ板南線各車両の混雑度を確認できるスマートフォン用アプリ

台北メトロ板南線各車両の混雑度を確認できるスマートフォン用アプリ

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染対策として、台北メトロ(MRT)で各車両の混雑度をスマートフォン用アプリやプラットホームに設置されている液晶画面で確認できるサービスが始まった。まずは板南線で試験運用が開始されている。人が少ない車両の利用を促し、乗客の分散を図る。

アプリや液晶画面では、各車両の混雑度を緑(快適)、黄(普通)、オレンジ(やや混雑)、赤(混雑)の4段階で表示。台北メトロが自主開発したもので、車両の圧力センサーの数値から混雑度を算出しているという。

アプリは「台北捷運GO」で、iOS版とアンドロイド版がリリースされている。

(陳怡セン/編集:楊千慧)