連休初日、中部以北は一時雨に 北部や北東部は涼しく/台湾

【観光】 2020/04/01 19:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
傘を差す男性=資料写真

傘を差す男性=資料写真

(台北中央社)台湾では2日から、先祖の墓参りをする「清明節」(4日)に伴う4連休に入る。中央気象局によれば、2日は北東の季節風の影響で北部や北東部は涼しく感じられ、中部以北や東部などでは一時雨となる見通し。

北部や北東部は、最高気温が22~23度にとどまり、最低気温は16~18度の予想。中部や南部では最高気温が30度近くに達するが、最低気温は18~20度まで下がるとみられ、一日の寒暖差が大きくなる。

3日は季節風が弱まり、気温もやや上昇する見込み。北部や東部は所によって一時雨となり、中部や南部の山地では雨がぱらつく。4日には季節風が再び強まり、5日以降も季節風の影響で北部や北東部では涼しく感じられるという。

(余暁涵/編集:楊千慧)