台湾新幹線、来月18日から週末減便 新型コロナで利用者減少

【観光】 2020/03/23 18:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾新幹線、来月18日から週末減便 新型コロナで利用者減少

台湾新幹線、来月18日から週末減便 新型コロナで利用者減少

(中央社)台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大で利用者数が落ち込んでいるのを踏まえ、4月18日から毎週金~日曜日のオフピーク時の運行本数を週41本減便すると発表した。6月21日まで実施する予定だとしている。

高鉄によると、減便後も1時間当たりの運行本数は少なくとも3~4本が維持する。平日全時間帯や週末のピーク時の運行本数は変わらず、通勤やビジネス、週末の里帰りなどで利用する乗客への影響はないとしている。

高鉄は、新型コロナウイルスの感染状況が改善に向かえば、前倒しでダイヤを元に戻すとしている。

高鉄は各駅に赤外線サーモグラフィーを順次設置しているほか、駅構内や車内の消毒を強化するなど、感染拡大防止に励んでいる。

(汪淑芬/編集:名切千絵)