ランタンフェスとポケGOがコラボ 4日間のイベントスタート/台湾・台中

【観光】 2020/02/07 11:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
6~9日に台中市全域に出現するポケモン=同市政府提供

6~9日に台中市全域に出現するポケモン=同市政府提供

(台中中央社)スマートフォンゲーム「ポケモンGO」のユーザー向けイベントが6日、中部・台中市でスタートした。同市で8日に開幕する「台湾ランタンフェスティバル」(台湾灯会)に合わせたもので、日本や台湾などでは通常捕まえられない地域限定ポケモンのほか、同フェスにちなんだ光を放つポケモンなども出現する。

同フェスは旧暦1月15日の元宵節(今年は2月8日)を彩る恒例行事。会場には色、形さまざまなランタンが飾られ、不夜城のごとく賑わう。

同市新聞局の黄国イ局長によると、イベント期間中に出現するポケモンは、南北米とアフリカ限定の「イルミーゼ」のほか、「バルビート」、「メリープ」、「ラクライ」、「アンノーン(L)」、「チリーン」など。同市内全域で捕獲することができる。9日まで。(イ=王へんに韋)

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されていることについては、同市は厳格な管理が実施されており、現時点で感染が確認された場所はないと強調。一方で、参加者は対策を怠らず、せきや発熱などの症状がある場合にはマスクを着用してほしいと呼び掛けている。

(カク雪卿/編集:塚越西穂)