星宇航空、今年下半期に日本路線開設へ/台湾

【観光】 2020/01/17 18:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
星宇航空機

星宇航空機

(台北中央社)23日に就航する台湾の新航空会社、星宇航空(スターラックス)は17日、日本路線の開設を今年下半期に計画していることを明かした。桃園国際空港の発着枠調整を担う組織が公表した資料によると、同航空は夏ダイヤで台北(桃園)―松山(愛媛県)、北九州(福岡県)線の運航を申請している。

同航空は23日から桃園空港とマカオ、ベトナム・ダナン、マレーシア・ペナンをそれぞれ結ぶ3路線の運航を開始。4月6日にはフィリピン・セブ線に就航する。

17日に取材に応じた同航空の広報責任者、聶国維氏によれば、23日から始まる旧正月連休期間の予約状況は好調で、就航初便は7~8割の座席が埋まっているという。

(余暁涵/編集:名切千絵)