台湾新幹線、カナヘイとコラボ ラッピング列車運行開始 来年9月まで

【観光】 2019/11/15 12:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
14日から運行が始まった台湾高速鉄道のラッピング列車

14日から運行が始まった台湾高速鉄道のラッピング列車

(台北中央社)台湾高速鉄道(高鉄)は14日、日本のイラストレーター、カナヘイさんとコラボレーションしたラッピング列車の運行を開始した。人気キャラクター「カナヘイの小動物 ピスケ&うさぎ」が車掌や客室乗務員、駅係員に扮したイラストが車体に描かれたほか、車内のヘッドカバーにもピスケ&うさぎのイラストがあしらわれ、可愛らしい雰囲気が演出されている。運行は来年9月までの予定。

ラッピング列車運行に合わせ、高鉄はコラボ限定商品14種を発売。車内販売や駅構内の自動販売機、高鉄のネットショップ「TSHOP」(momo購物網)などで購入できる。ラッピング列車の車内では、コラボ版のホットコーヒーとホットティーの販売も数量限定で行う。

高鉄台中駅には、ピスケ&うさぎのイラストと写真撮影ができるコーナーが設置された。

ラッピング列車の運行時間は高鉄の特設ページ「Go!高鐵彩繪列車」で公開されている。

(汪淑芬/編集:名切千絵)